真珠

日本の真珠

宝石情報

タグ

宝石の説明

真珠

当店で天然宝石を購入


アコヤ真珠として知られている日本の養殖真珠は、6〜8 cm以下の小さな真珠牡蠣Pinctada fucata martensiiによって生産されているため、直径10 mmを超えるアコヤ真珠は非常にまれであり、高価です。 今日、ハイブリッド軟体動物は、日本と中国の両方で、アカコヤ真珠の生産に使用されています。

今日、市場で養殖された真珠は、2つのカテゴリーに分けることができます。 最初のカテゴリは、アコヤ、南海、タヒチを含むビーズの養殖真珠です。 これらの真珠は生殖腺であり、通常は一度に1つの真珠が栽培されます。 これは収穫期に真珠の数を制限します。 真珠は通常、アカシアのために1年後に、タヒチと南海では2〜4年、淡水では2-7年後に収穫されます。 この養殖プロセスは、英国の生物学者、ウィリアム・サヴィル=ケント(William Saville-Kent)が最初に開発したもので、ミセ・タツヘイとニシカワ・トキイに情報を渡しました。 2番目のカテゴリーには、琵琶や中国の真珠のような非ビーズの淡水養殖真珠が含まれます。 彼らがマントルで成長するにつれて、25移植までの各翼の移植が可能になり、これらの真珠はずっと頻繁になり、市場は完全に飽和しています。 以前の米粒形状の小石が今日の真円形の真珠と比較された過去10年間に、質の印象的な改善が起こった。 過去2年間で、直径が15mmまでの真円形ビーズ核形成真珠が金属光沢で製造されました。

ビーズを入れた養殖真珠の核ビーズは、一般的に淡水イガイの貝殻で作られた磨かれた球である。 真珠嚢の触媒として作用する他の軟体動物(ドナーシェル)からのマントル組織の小さな断片と共に、外科的に生殖臓器の海水軟体動物に埋め込まれる。 淡水養殖においては、ほとんどの場合、組織片のみが使用され、宿主のイガイの肉質のマントルに挿入される。 完成した真珠を取り除くためにその後の手術で生き残る、Pinctada maximaおよびPinctada margaritiferaとしても知られている南海およびタヒチアンパールの牡蠣は、同じ手順の一部として新しいビッグビーズを植え付けられ、その後、 2から3までの成長年。

あこや真珠


当店で天然宝石を購入

エラー: コンテンツは保護されています!